HOME > 加工品の紹介

加工品の紹介

  • ■ アルミ部品加工
  • ■ チタンプレス品加工
  • ■ 鍛造品加工
  • ■ コンロ網ブラスト加工
  • ■ その他加工
  • ■ 塗装はがし

サンドブラスト

サンドブラスト

サンドブラスト加工された製品の一部をご紹介いたします。針から大型成型物までニーズに合わせたメッシュで対応いたします。下記以外の加工についてもお気軽にご相談下さい。

アルミ部品加工

超音波洗浄後、装飾用ブラスト材の還元鉄粉#80でブラスト処理をしています。やや研掃力の弱い鉄系材料ですが材料の粗さを調整する事により、ワーク表面の切削あとなどを取り除き滑らかな梨地下地ができます。

又ブラスト処理後アルマイト処理(光沢)などを施すと高級感のある外観になります。

当社では、この材料を使用し、デジタルカメラのボディを日産4万~5万個加工しています。

アルミ部品加工前→アルミ部品加工後
アルミ部品加工事例
アルミ部品加工前→アルミ部品加工後
アルミ部品加工前→アルミ部品加工後

チタンプレス品加工

超音波洗浄後、SUSカットワイヤー#0.3㎜サイズの材料でワーク表面のプレス痕除去、梨地処理(光沢のある)などを目的に加工しています。

又、チタン製のワークなどは、そのままブラスト加工後使用する場合が多いので、加工前の洗浄処理に特に気を使っています。

チタンプレス品加工前→チタンプレス品加工後

チタン加工

チタン加工事例
チタン加工イメージ

鍛造品加工

ステンレス鍛造品のブラスト処理の目的としてワーク表面の酸化被膜等の除去及び表面のショットピーニング効果を目的としています。

左記画像のワークはバルブの素材です。ブラスト処理後(SUSカットワイヤー使用)加工等を経て完成です。

鍛造品加工前→鍛造品加工後

コンロ網ブラスト加工

鉄製の網にニッケルメッキを施してあるワークです。目的としましては、塗装の下地処理です(密着性)アルミナ材を使用しエアーブラスト処理をしています。

このような、台所製品の塗装下地の場合は、下地処理後の表面粗さに気を使っています。

当社では塗装下地、ゴムの貼付け等の下地処理の場合、粗さ計を用い指定の粗さまで加工します。

コンロ網ブラス加工前→コンロ網ブラス加工後

その他部品加工

左記の画像は、ドアの取っ手です、全体をブラスト処理するのではなく、くぼみの部分だけをサンドブラスト処理をしました。(量産品です。)

ワークはSUS材で、ブラスト(SUSカットワイヤー)、平面部分を研磨し梨地と研磨のツートンの外観になります。

当社では、加工前に洗浄しその後、専用冶具に装着し必要面をブラスト処理をします。

その他部品加工前→その他部品加工後

塗装はがし

古い塗装やサビ・汚れをを剥離させ、接着面をならします。さらに脱脂処理を行うと塗装に適した状態になります。

塗装はがし加工前→塗装はがし加工後
このページの先頭へ

サンドブラストとは?

主に圧縮空気に研磨材を混ぜて吹きつけ、古くはさびとりなど下地処理で使用されていたが、近年は鋳物、アルミ、チタン、陶磁器などの表面処理、装飾目的で使用されることが多い。

研磨材はアルミナやガラスビーズなどが多く使用されているが、バリエーションも多く、用途も多様化されている。

サンドブラスト処理用途

強度向上

  • 表面硬化
  • 疲労強度の向上

機能性向上

  • 滑り止め
  • 保油性の向上
  • 表面積の拡大
  • 放熱性の向上

意匠性向上

  • 均一化
  • 疵などの発見
  • 表面反射の低減
  • 装飾
  • 深みのある光沢
  • 酸化被膜面の除去
  • 密着性の向上
  • 樹脂系のモールド疵の除去
  • 小バリ等の除去
  • 表面改質

お問い合わせ

TEL.06-6745-2997
Webでのお問い合わせはこちら